Q 私たち家族は、父(被後見人)名義の自宅に暮らしていますが、父本人は認知症になり数年前からグループホームに入所中で、自宅に戻って生活するのは難しい状況です。ところで、自宅の水道光熱費はずっと以前から父の口座から引き落としされていますが、問題ありませんか?

 

A 場合によっては、家庭裁判所から不適切な支出だと指摘を受ける可能性があります。


自宅で暮らしている家族が、お母様(配偶者)や未成年の子などの場合は、お父様(被後見人)の財産から支出して問題ありません。

ただし、その金額は、お父様の財産と収支の状況を踏まえて相当な範囲にしなければなりません。自宅がお父様の名義だからという理由だけで、これまで通り水道光熱費や維持管理費を全てお父様の負担とする事には問題があります。

扶養義務のない成人した子や兄弟が同居している場合は頭割りで負担する必要もあるでしょうし、特にお父様の財産が少なく収支もマイナスの場合は、お母様の財産や年金収入から不足を補う範囲で負担する事も検討しましょう。