一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター(以下「コスモス」といいます)は、日本行政書士会連合会が母体となって設立した法人です。

コスモスの目的は、会員の質の向上と成年後見制度の普及による社会貢献です。

コスモスに入会するには、「入会前研修」があり、『成年後見賠償責任補償保険』にも加入しなければなりません。もちろん、入会後にも様々な研修が実施されており、2年ごとに入会を更新する場合は更新研修もあります。

また、後見を受任している会員は、正しく後見事務が行われているかどうか、3ヶ月ごとにコスモスの指導・監督を受けています。

正直、入会当初はこの3ヵ月ごとの報告書提出が大変な作業だと負担に感じていましたが、最終的には1年ごとに家庭裁判所に提出する報告を3ヶ月ごとに区切って間違いなく作成していくだけのことですし、既に慣れました^^

どうも、専門家が後見人を受任していてるケースでも不正があるようで、時折ニュースにもなっていますね。

残念なことですが、今は、行政書士・司法書士・社会福祉士等の各職能団体の自助努力が家庭裁判所からも世間一般からも求められているようです。

 

その他、コスモスでは、市民公開講座や相談会を実施したり、実際に成年後見制度を利用したいけれど、引き受けてくれる後見人がいない方には候補者も推薦しています。

市役所や地域包括支援センターなどで相談を受け、実際にこの制度を利用しようとしても、なかなか後見人の引き受けてがないのが実情ですので、そんな時はコスモスがお役に立ちます。

平日の午後だけですが、フリーダイヤルが設置されていますので、ご相談はいつでもどうぞ。